• MVNO・SIM格安おすすめガイド

格安スマホのQ&A

androidタイプのsimフリーの注意点は?

simフリーはiphoneとandroid双方で販売されています。iphoneがアップルストアを中心に販売されているのに対し、androidは広く、電気屋さんやwebでも販売されてきてます。双方ともさまざまなMVNOや通信キャリアで利用出来るのですが、いくつか購入前にチェックしておきたいところがあります。 チェック項目の1つ目は通信バンド帯です。iphoneの場合、国内のアップルストアで買えばどの通信サービスでも利用出来る通信バンド帯に幅広く対応したタイプが買えますが、androidの場合は一部の通信サービスで利用できない機種も多数あります。自由に扱えるからこそ、通信バンド帯へのサポートもメーカーが自由に行っているからです。特にAUで利用出来る端末が少ないのが特徴です。AUは通信バンドはNTTドコモと似ていますが、回線方式が違うのでメーカーによる対応が必要なのです。通信バンドや回線方式は購入前に確認できますので要注意です。

simフリーiphoneのメリットって?

通常、NTTドコモ、ソフトバンク、auの大手キャリアで購入したスマホはそのキャリアのSIMカードしか利用できない、いわゆる「SIMロック」がかかっています。simフリーの端末は、そのロックがかかっていないことから、どこのSIMカードでも利用することができ、最近はやりの格安SIMなるMVNOが提供する格安の通信サービスも事業者を選ばずに利用することができます。日本で最も人気があるスマートフォンであるiphoneもsimフリーのモデルが販売されています。今では24回の分割払い、金利無料で購入することができるため、キャリアで購入するときと同じように初期費用を気にすることなく気軽に購入することができます。Simフリー端末のメリットはいくつかあり、キャリアに縛られていないことから、海外でも現地のSIMカードをすぐに利用できます。海外出張が多い方などにとっては大きなメリットでしょう。また、端末を売却するときにもキャリアのものより高値で売却できるということも大きなメリットでしょう。

wimaxのルーターはsimフリーで使えるの?

wimaxのモバイルルーターは、コンパクトで充電も長持ちするなど高性能なため大変人気があります。最近では、おしゃれなデザインのものもあるので、ますます持ち歩きやすくなりました。インターネット通販では、wimaxのモバイルルーターだけを買うことができます。wimaxのモバイルルーターは、simフリーなので、MVNOが提供している格安simカードを挿して使うこともできるので、モバイルルーター選びに悩んでいる人にはおすすめです。ただ、wimaxで使うことができるのは、au系のMVNOなので、格安simカードを契約するときには、事前の確認が必要です。高性能のモバイルルーターがあれば、場所を選ばずインターネット通信ができるので大変便利です。タブレット端末はsimフリー機種の種類が少なくて値段も高いですが、wi-fi専用のものは値段も安いので、タブレット端末を外出先でも使ってみたいという人には特におすすめです。

アイフォンをsimフリーで使えるの?

最近話題となっているsimフリー。格安simも大きな話題となっています。 日本で、simフリーでアイフォンを使うには条件があります。アイフォン6S以前の端末は、simフリーが使用できません。海外で入手したアイフォンは基本的にどの端末もsimフリーなので、日本でsimのみを契約して使うことができます。また、海外に行くときも、simを差替えさえすれば海外で安く利用することが可能です。海外ローミングを使うと少し接続や通話をしただけでもかなりの割高な金額になってしまいます。 端末とsimを別々で契約すると、安いメリットだけではなくデメリットもあります。大手キャリアにあるような、保証が受けられなくなります。アイフォンは月々支払って、壊れたときは通常より安価に修理できるといったことが可能ですが、simのみの契約だと本体が壊れても保証はありませんから、自力でどこかにお願いしなければならなくなります。修理できれば良いですが、本体をまた購入しなければならない場合もあります。これがsimフリーのデメリットです。

simフリーでもおサイフケータイは利用可能?

simフリーであってもおサイフケータイに対応したスマートフォンが多数登場してきています。おサイフケータイは通信キャリアがサポートしている決済方法でしたが、MVNOであっても利用出来るようになってきており、サポートするスマートフォンメーカが増えています。 おサイフケータイを利用するには端末側で対応が必要です。サポートしているメーカーは日本メーカが多く、専用アプリとセットで提供してくれています。また、おサイフケータイへの設定や各種確認は簡単にアプリで行えるので使い勝手をそのままに利用可能です。ただし、通信キャリアからのMNPなどの場合は事前に移行作業を確認し、作業をしておくことが大事です。回線が変わってしまってからでは移行作業ができないケースもありますので注意したいところです。また、simフリー用のケースも注意です。ケースによってはおサイフケータイが利用できなくなるケースもありますので事前の確認が大事です。

simフリーの格安スマホの毎月の料金はどのくらい?

新興のモバイル通信会社では、月額の通信料金が抑えられた格安スマホのサービスを展開しているところが出ています。そのような格安スマホのサービスでは、スマートフォン端末の購入と通信料金がセットになった料金体系が存在します。また、格安スマホではsimフリーのスマートフォン端末を保有している人向けに、simカードだけ提供する料金体系も用意しています。simロックが解除されている端末であれば、どの通信会社であってもsimカードを端末に差し込むだけでスマートフォンを利用することが可能になります。そのため、simフリーのスマートフォンをすでに保有していれば、新たに端末を購入する必要がなくなく、その分毎月の利用料金を下げることが実現します。格安スマホ会社によってはsimフリーのスマートフォンを使えば、毎月の利用料金を1000円程度にすることが可能です。なお、simフリーのスマートフォンは、リサイクルショップなどで中古として安く購入することができるようになっています。

simフリーでかけ放題はできる?

simフリースマートフォンを持っている方は、通話代金節約の方法としてsimカードをかけ放題のものにするという方法が使えます。従来のsimフリー化がなされていないスマートフォンの場合は、simロックがかかっており、他社のsimカードを差し替えてもその通信は使うことが不可能となっていました。しかし、現在はsimフリースマートフォンが登場し、差し替えて設定を少し変更するだけで、そのsimカードのキャリアによる通信や通話が可能です。 最近は10分以内ならば数百回程度かけ放題というサービスを提供している所もあり、そこのsimカードに変えれば、使っている携帯電話がほぼかけ放題状態にすることが出来ます。 通話代金が高いと感じるならば、通話をするときだけでもかけ放題サービスを提供している業者やキャリアのsimカードに差し替えて行うと節約につながってきます。ちなみに、simカードには種類があり大きさが違う場合は使えなかったり、アダプターを利用する必要もあるので購入前に注意しましょう。

simフリーはキャリアメールが使えなくなるの?

現在多くの人が使用しているスマートフォンですが、月々の通信料金が高く付いてしまうというのも特徴の一つです。 特に毎月インターネット接続を多用する人は、通信量が高額になってしまうということも少なくありません。 こうした通信量を大幅に安くできるものとして、simフリー端末を使った格安simの運用が人気を集めています。格安simといっても、大手キャリアと同様にインターネット接続は問題なく行えますし、プランや会社によっては接続速度も十分なものとなっています。インターネット接続だけでなく、通話機能つきの物もあり、MNPにも対応しているので電話番号が変わってしまうという心配もありません。 しかし、こうした格安simでは、唯一キャリアメールが使えなくなるというデメリットがあります。そのため、キャリアメールを多用している人は注意が必要です。格安simを検討しているのであれば、HotmailやGmailといったフリーメールに予め切り替えておくと良いでしょう。

simフリー端末で国際電話はできるの?

simフリー端末と格安simを購入して月々の料金をお得にしながら、スマホを維持している人が最近増えてきています。simフリー端末を持つことのメリットとは、格安simを自分のライフスタイルに合わせて自由自在に選ぶことができ、キャリアの契約の縛りから解放されるという点にあります。simフリー端末を使う時にはおそらく多くの人が格安simを使うことになるはずですが、その格安simで何ができ、何ができないのかについて知っておくことが大切です。通話とデータが一緒になったプランでは今まで使っていた大手キャリアとほぼ同じことができます。ただしキャリアメールが使えなくなるといったことはありますが、これはSNSで代用することができます。また格安simによっては海外で国際ローミングができないものもあり、特にデータ通信のみの格安simは国際ローミングに対応していなかったり、そもそも通話ができないため、日本から国際電話をかけたりすることも当然できません。そのため、自分が使っている端末がsimフリーであるかということよりも、simのプランがどのようなものであるかについて把握しておくことが重要です。

子供の携帯に格安スマホはあり?

スマートフォンは、現在様々な年代のユーザーに幅広く普及しており、その機能はますます向上していっています。しかし、インターネット上の大容量コンテンツを多用すると、どうしても通信量が高くついてしまうのが難点です。 最近は小学生や中学生の子供にもこうしたスマートフォンを持たせているという家庭が増えていますが、子供携帯とはいえ、インターネット接続が多くなれば通信費も高額になってしまうことがあります。 月々の通信費を節約するのであれば、格安スマホに切り替えるというのも良い方法です。格安スマホは、大手キャリアに比べ月々の通信量が非常に安く、通話機能付きプランや通信のみ、あるいはSMS機能付きなどの多彩なプランを選ぶことができるのが利点です。 simフリーの端末を使用する事になるので、simカードを入れ替えるだけで自由に利用する会社を切り替えることができるのも大きな特徴です。 利用したい通信容量に合わせてプランを選ぶことができるので、予算に合わせて運用しやすいのも格安スマホのメリットです。

スマートフォンの白ロムとsimフリーの違いは?

スマートフォンの白ロムとは、携帯電話会社で誰かが一度契約したものや、特殊な流通で新古品などsimカードの差し込まれていない製品を指します。一般的に流通しているものは、前者のものがほとんどでいわゆる中古品です。そのため、メーカー保証期限が切れていることが多く、修理をする場合には高額な費用がかかることも珍しくありません。 それに比べてスマートフォンのsimフリーとは、新品、中古品に関わらず、キャリアロックがかかっていない製品を指します。白ロムの中にも携帯電話会社と契約していた利用者がsimフリーにしたものや、白ロムの購入者が、このキャリアロックを外すことができるスマートフォンもあります。 しかし、格安simなどで新品のスマートフォンを安心して利用したい方は、家電量販店などで販売されている格安スマートフォンのsimフリー版を購入すると最低メーカー保証の1年間が付いているうえ、バッテリーも劣化していませんからお勧めです。

simフリーの速度制限とは?

simフリー機を利用して通信キャリアやMVNOを利用する方が増えていますが、どちらを利用するにしても通信速度制限は注意が必要です。一般的に通信速度が遅くなる速度制限は通信量で行われるのですが、通信速度制限には2つの方式があり、通信サービスによって利用のされ方が違います。 通信速度を一定の速度にする制限をかける際にもっとも多いのが月で決めた通信量を超えた際の制限です。通信キャリアなら7GB、MVNOなら1GB単位などさまざまな通信量で契約することになり、それを超えたら制限になるというものです。対して、時間制限もあります。1日の通信量や数日での通信量が一定値を超えたら、契約している通信量以内であっても制限がかかるのです。これは1人で大量の通信をするのを防ぐために行われますが、通信する端末が多い地域では特に厳しく行われることが多いようです。MVNOで特に行われていますので口コミなどで予めチェックしてから契約したいものです。

格安スマホでもテザリングはできる?

です格安スマホでテザリングができるかどうかは、スマホ本体の設定によって変わってきます。テザリング機能はスマホのOSに標準で備わっているものですが、機能を使えるようにするか否かはOSの管理者が決められます。もし、管理者が機能を使えないようにした場合、設定画面でユーザーがテザリングのオンオフを行うことはできません。ただ、SIMフリーの格安スマホであれば、テザリング機能を使えるようにOSを設定して出荷していることがほとんどです。 では、接続時のスピードはどれぐらいになるのかというと、MVNOのSIMを使った場合、時間帯によって大きく変わってきます。昼休みである午後0時から2時ぐらいまで、そして帰宅ラッシュ時である午後6時から7時ぐらいまでは、ほかの時間帯と比べるとかなりスピードが落ちることがほとんどです。 また、接続の仕方によっても違いがあります。USB、Wi-Fi、Bluetoothとありますが、もっとも安定してスピードがでるのはUSBで接続した場合のテザリングです。

格安スマホとガラケーの二台持ちのメリットは?

モバイル料金をできるだけ安く納めたい場合、格安スマホにMVNOのSIMを差して使う方法が一番いいですが、データ通信専用SIMだと、音声通話を常用する場合、いくつかの問題が出てきます。一番の問題は、アプリを使って電話することになるので通話の安定性が通常の携帯電話に比べると今ひとつということです。たとえば、会話をしていて相手の声が小さすぎたり、あるいは声が遅れて聞こえてくるのでうまく会話できないといったことが起きる場合があります。 なので、できるだけ安くデータ通信だけではなく音声通話もしたいという場合、格安スマホとガラケーの二台持ちという選択肢もあります。 最近はMVNOのSIMでも音声通話が可能なものがありますが、一台のスマホでデータ通信も音声通話もするということになるとバッテリーがかなり早くなくなってしまいます。しかし、スマホとガラケーの二台持ちであれば、用途に合わせて使い分けができるので、それぞれ一つの用途でバッテリーを最大限に使うことができます。

格安スマホの月額費用はどのくらい?

格安スマホの月額費用としては、通信サービス会社によって500円程度から3000円程度と様々となっています。格安スマホの月額費用が500円程度といった費用の安い通信サービス会社では、スマートフォンを利用する上で多くの制限が加わることになります。そのような格安スマホでは通常の電話の通話ができなかったり、ネット環境としては通信速度が抑えられていたり、毎月のデータ通信量が限られるなどが起こってきます。しかし、スマートフォンのライトユーザーであれば、特に問題が生じないために費用が安い分お得になることも考えられます。一方で格安スマホの月額費用が2000円から3000円といった通信サービス会社では、スマートフォンを利用する上の制限が少ない特徴があります。そうした通信会社では最新の通信回線が使われているために、十分な通信速度が得られるようになっています。また、月あたりのデータ通信量も無制限となっていることが多いです。そのため、スマートフォンのヘビーユーザーでも快適に利用が可能となります。

データ通信専用SIMでもip電話アプリで電話は可能?

格安スマホとデータ通信専用SIMを組み合わせて使う場合、本体のみの機能で電話を受けたりかけたりすることはできません。スマホの設定画面にはSIMの電話番号が表示されていますが、これはあくまでもデータ通信専用番号であり、もしこの番号に電話をかけてもつながることはありません。 では、データ通信専用SIMで通話するためにはどうすればいいのかというと、ip電話を使うためのアプリをインストールする必要があります。国内製と海外製あり、アプリ自体の料金も有料と無料に分かれていますので、自分の使い方にあったものを選ぶことになります。 では、ip電話アプリを使った場合、電話番号はどうなるのかというと、SIMに記録されている番号とは別に、ip電話専用の番号を使えるようになります。発信だけではなく、着信ももちろん可能ですが、アプリによってはアプリ自体を手動、もしくは本体起動時に一緒に起動する設定にしておかないと着信させられないものもあります。

格安スマホにすると絵文字は使えない?

格安スマホに乗り換えると絵文字は使えなくなるのかといった疑問がありますが、これは一部使えなくなるだけで全体的に使えなくなる訳ではありません。 格安スマホにするということは今までのキャリアメールが使えなくなりますので、そこの部分で使用していた絵文字や登録してあるものが使えなくなります。 しかし、その他のウェブメールで使用できる絵文字は使うことができますし、アプリに搭載されている絵文字も同様に使用することができます。 例えばLINEの中のスタンプや絵文字もどんなスマホを使用していたとしてもLINEさえ使用することができれば使うことができます。 ですから格安スマホにしたからといった今まで使用していたものが全く使えなくなるということはないのです。 それぞれのキャリア専用のものは使用できなくなるかもしれませんが、その他のもので代用もできますし、違和感なく使用することができますから何も不便に感じることはないでしょう。

格安スマホは緊急地震速報に対応しているの?

スマホのほとんどは緊急地震速報に対応していますが、格安スマホがどうなっているのか気になる方が多いでしょう。 昨今地震による災害が増加しており、少しでも危険を察知したい、備えたいという声が大きくなっているので格安スマホでも緊急地震速報に対応して欲しいと考えるのは当然のことです。 結論から言いますと、格安スマホにETWSという機能が搭載されていれば、どんなスマホであろうが緊急地震速報に対応しています。 ETWSは気象庁が発信している情報になりまして、この情報を各事業所がスマホに送信するとによって緊急地震速報として流れる訳ですが、一度に大量のスマホにデータを送信しなければならないので専用の機能が必要となってきます。 緊急地震速報に対応しているかどうかはSIMの問題ではなく、スマホの端末の機能の方になりますから、どの端末にするかを考えて決めたら良いでしょう。 安心安全で暮らすためにも細かい機能も比較して選びましょう。

格安スマホはなぜ安い?その仕組みとは

大手3キャリア(携帯電話会社)に比べて、格安スマホは格段に安く設定されています。そこには、なぜ安いのかという明確な理由があります。その中の大きなものとして、端末代金が高額では無い、通話し放題では無い、ということがまずあげられます。 格安スマホで月額料金がおおよそ2,000円ほどのものは、端末は別途となっている場合がほとんどです。そうなると月額料金の内訳に端末代は含まれないことになります。端末がセットになっている格安スマホの場合は、端末代として月額約800円ほどで、一括購入をしたとしても約20,000円~30,000円ほどで済むようになっています。 また、格安スマホの月額料金のベースには、通話し放題が含まれていません。もし通話した場合は20円/30秒といった通話料金がかかることになります。携帯・固定電話の平均的な通話量から見ると、約1,600円/月という通話料金が発生しますが、大手3キャリアのプランではこの1,600円分が「通話し放題」という形で月額料金に含まれていることになります。これが基本料金に組み込まれていないため、格安スマホの基本料金がなぜ安いのかという理由の一つとなります。

フリーテルの格安スマホの特徴は?

フリーテルはMVNOとして格安スマホ、格安SIMなどのサービスを提供している事業者の一つです。 フリーテルのプランには他のMVNOのプランとは大きく違う特徴があります。一般的にMVNOが準備しているプランは月の高速通信の上限が決まった定額プランですが、フリーテルは定額プランの他にも、使用量に応じて金額が決まる従量制の料金プラン「使った分だけ安心プラン」が存在します。利用量に応じて金額が変動するため使い過ぎには注意が必要ですが、データ通信をほとんど利用しない方は数あるMVNOの格安スマホプランの中でも最安値でスマホを維持することができます。 また、月額840円で5分以内通話し放題のオプションもあります。これもMVNOの中では珍しいもので、特に通話料金が気になって大手キャリアからの乗り換えを躊躇しているという方にとっては心強い味方といえます。データ通信はそこまで必要ないが、通話をよくするという方にはフリーテルは魅力的な乗り換え先といっていいのではないでしょうか。






同じカテゴリーの最新の記事

  • 格安スマホのQ&A

    androidタイプのsimフリーの注意点は? simフリーはiphoneとandroid双方で販売されています。iphoneがアップルストアを中心に販売されているのに対し、android...


  • Y!mobile(ワイモバイル)はどれだけお得?

    Y!mobile(ワイモバイル)の特徴は? Y!mobile(ワイモバイル)は、携帯会社大手のソフトバンクが提供するモバイル通信サービスです。 ソフトバンクの回線を利用したスマホや携帯電話を提供しており、ソフトバンクに比...


  • 楽天モバイルはどれだけお得?

    楽天モバイルの特徴は? ネットショップ最大手の楽天市場が提供するMVNOサービスが、楽天モバイルです。 回線にはNTTドコモのものを利用し、LTEと3Gによる安定で質の高いモバイル通信をリーズナブルな価格で提供しているの...


  • U-mobileはどれだけお得?

    U-mobileの特徴は? U-mobileは、NTTドコモの回線を使用したMVNOサービスです。 低料金で高速LTE通信が利用可能で、ドコモのスマホが使えるエリアであれば全国で使うことができます。 iPhoneを...


  • BBエキサイトモバイルはどれだけお得?

    通信速度はどう? BB.exciteモバイルLTEは、プロバイダーとして有名なBB.exciteが提供するMVNOサービスです。 NTTドコモの回線を使用しており、安定したFOMAエリアに加えて下り最大150MbpsのX...


  • NifMo(ニフモ)はどれだけお得?

    NifMo(ニフモ)の特徴は? NifMo(ニフモ)は、インターネットプロバイダで知られる@niftyが提供しているMVNOサービスです。 NTTドコモの回線を使用しており、現在お使いのスマホのSIMカードを差し替えるだ...


  • UQ mobileはどれだけお得?

    UQ mobileの特徴は? UQ mobileは、携帯電話会社auの子会社であるKDDIバリューイネイブラーが提供する格安SIMサービスです。 auの4G LTE回線を利用しているので通信速度が最大で150Mbpsと速...


  • ぷららモバイルLTEはどれだけお得?

    ぷららモバイルLTEの特徴は? ぷららモバイルLTEは、インターネットプロバイダで知られるNTTぷららが提供しているモバイル接続サービスです。 NTTドコモの回線を利用した高速データ通信サービスで、XiとFOMA両方のエリア...


  • DMMモバイルはどれだけお得?

    DMMモバイルの月額料金が破格! 格安SIMを使っている人たちの間で今話題になっているのが、DMM.comが新たにスタートさせたDMMモバイルです。 NTTドコモの回線を使用したデータ通信SIMサービスである点は、他の事...


  • OCNモバイルONEはどれだけお得?

    OCNモバイルONEの特徴は? OCNモバイルONEは、光ファイバーやADSLなどのインターネット接続サービスを提供しているOCNによるモバイルサービスです。 専用のSIMカードを使って高速LTE通信に接続することができ...


  • simフリーのおすすめ格安スマホランキング

    1.スマホの料金がもっと安くなる格安SIM 直感的で操作しやすい画面や楽しいアプリが豊富に提供されていることから、スマートフォンは急速に普及しました。 しかし便利なスマホにも、利用料金の高さという欠点があります。...