• MVNO・SIM格安おすすめガイド

防水機能付き格安スマホ

格安スマホ

最近は格安スマホと呼ばれる、機種価格や利用料金の安い端末が数多く登場するようになってきました。

ひと昔前なら安かろう悪かろうで質の悪い端末もありましたが、現在は技術の発達や業界全体の廉価化などにより、安い端末でも十分な機能を保持しているものが増えてきています。

特に端末の性能にこだわりのない人であれば、使用に十分満足できるうえに価格も安いという優れたコストパフォーマンスを与えてくれるのです。



◆人気スマホでも水没NG!

格安スマホ

格安スマホの中で最近特に注目されているのが、防水機能です。

一般的なガラケーと呼ばれる機種には防水加工されたものも多く存在しましたが、スマホでは最も人気と使用者の多い機種でも防水加工されていないのが現状です。

スマホは小さなパソコンとも呼ばれるほど精密な機器が多く使用されており、これらを完全に自ら守る加工を施すには非常にコストや手間がかかってしまうのです。

ところが近年増えている格安スマホは機種そのもののコストが低くて済むため、このような防水機能を付加する余力があり、実際に多くの格安スマホ機種に防水加工がされています。



◆大切な画像もポチャリで消去

格安スマホ

スマホといえば画面のヒビや割れなどが最も多いトラブルとして知られていますが、水没もそれに次ぐ故障原因となっています。

コップの水をひっくり返してスマホにかけてしまったり、お風呂の中で使用していて落としてしまう人も多く、一度でも水に浸けてしまえばすぐにデータが飛んだり電源が入らなくなってしまいます。

このような場合にデータを復元してくれる修理業者もありますが、修理費用が数万円するうえに完全に復元できるとも限りません。

バックアップを取っていなければ、一度消えてしまったデータは二度と戻りません。

特にスマホ内にしか保存していない写真は復元もできないため、大切な思い出が一瞬ですべて消えてしまうでしょう。

画面破損は保護ケースなどを付けていれば防ぐこともできますが、水没は防水加工されていない限り防ぐことはできません。

このため、データが心配な人や水の近くで使うことが多い人などはできるだけ防水加工されている機種を選ぶようにしましょう。


◆防水レベルの見かた

格安スマホ

スマホの防水機能ですが、基本的には国際的な規格によってどれくらいの水害まで耐えられるか定めています。

スマホの場合は、IPX5とIPX7、さらにIPX8という3つのクラスに分かれています。

IPX5とは、前後左右上下どんな方向からでも噴流水によって影響を受けないという内容です。

水道から流れる水に当たってしまったり、零した水が被るような場合でも故障しないレベルになります。

IPX7は、一時的にある程度の水圧の水中に置いても、機械内部に影響が出ることがないというクラスです。

お風呂の中やプールなど、水が溜まっている場所に完全に水没させた場合でもすぐに取り出せば問題ありません。

IPX8はIPX7の進化形ともいえるもので、一定時間以上水没させても耐えられるというレベルになっています。

これらは全て純粋な水を対象としており、例えば洗濯機の中や入浴剤が入ったお風呂の中など、何らかの物質が入った水だった場合は完全に防水しきれない可能性もあるので注意しましょう。

格安スマホに防水加工が欲しい人は、スペックや機種内容にこういった規格の表記があるかを確認してから購入するようにしましょう。

お風呂の中などで使う機会のない人はIPX5で十分ですし、水のそばで使うことが多い人は最低でもIPX7の機能がある機種を選ぶようにします。

さらに、近年は防水だけでなく防塵加工も施されている機種が続々と登場しているので、スマホを大切に使いたい人はこういった機能がたくさんついている機種を選ぶと安心できます。





最新の記事

  • 格安スマホのQ&A

    androidタイプのsimフリーの注意点は? simフリーはiphoneとandroid双方で販売されています。iphoneがアップルストアを中心に販売されているのに対し、android...


  • 格安SIMのバースト転送(機能)とは?

    格安SIMを提供する会社は日々新たなサービスを提供してきていますが、特に通信量についてサービス追加が目覚ましい物があります。 これまでの格安SIMは価格競争ばかりが注目されていますが、サービスによっては使い勝手をユーザーが調整する...


  • 故障・破損に備えた端末補償

    格安SIMと通信キャリアとの一番の差は故障や破損時の対応と言われていました。 これは通信キャリアでは月額オプションではありますが、端末の修理保証があるからです。 格安SIMで扱われていた各種格安スマホは正常に利用した場合のみ...


  • 防水機能付き格安スマホ

    最近は格安スマホと呼ばれる、機種価格や利用料金の安い端末が数多く登場するようになってきました。 ひと昔前なら安かろう悪かろうで質の悪い端末もありましたが、現在は技術の発達や業界全体の廉価化などにより、安い端末でも十分な機能を保持し...


  • 格安スマホに乗り換える(MNP)流れ

    格安スマホは、プロバイダーなどがキャリアから回線を借りて事業展開を行う格安SIMとSIMフリースマートフォンとの組み合わせによって実現しているセット商品の事です。 格安スマホは、人気の高い格安SIMとSIMフリースマートフォンをセ...


  • 格安スマホでテザリングできるの?

    インターネット通信技術の目覚ましい発展により、以前では考えられないくらい安価で高速な回線を利用できるようになりました。 しかし、いかに安価といえど、プランにもよりますが一般的な光回線を一ヶ月敷けば、一戸あたり5000?6000円は...


  • 格安スマホとガラケーの2台持ちで通信料金を安くする方法

    格安スマホという言葉がどんどん私たちの生活に浸透してきています。 ガラケーからスマホに切り替えたけれど、音声通話の機能をよく使う人にはバッテリーの持ちの良さの面からもガラケーの良さを改めて認識する人、また通信に関わる料金を抑えるこ...


  • 格安スマホに家族割はある?

    格安スマホの特徴は、主要キャリアよりも月額料金が安い点にあります。 一方、格安スマホを検討している方は、家族割が使えなくなるのではないか、そう心配する場合もあります。 しかし、基本料金が下がる格安スマホに乗り換えても、家族割...


  • 海外で格安スマホを使うときの注意点

    近年、格安スマホの台頭が著しくなってきています。 お手頃な価格でスマホを持つことができるようになり、スマホに切り替える人、ガラケーとスマホの2台持ちをする人も増えてきています。 そんなお得な格安スマホですが、使用するSIMカ...


  • IP電話アプリで通信料金を節約する方法

    スマホの場合には通信料が高く電話をかけるのを躊躇してしまう人も多いものです。 格安スマホはIP電話アプリを用いることで通話料を安くしています。 IP電話アプリは、インターネットを通じて通話を行うので、通話料は格安になります。...


  • おすすめの機種・端末【2016年】

    2016年、スマートフォン業界はさらなる高性能競争が激しくなっています。 これまでの格安スマホといえばどちらかといえば価格が高ければ機能が豊富だという印象を持たれる方が多かったのですが、2016年に販売される機種は低価格モデルでも...


  • 格安スマホを買ってみました!初めてのsimフリー携帯体験談!

    スマホ料金がかなり安くなる、「格安スマホ」の事はずっと気になっていましたが、購入手続きとか設定が難しいんじゃないかと思いなかなか購入する事ができませんでした。 でも今回は思い切って試しに購入する事に! simカードとスマホがセットになっ...


  • Y!mobile(ワイモバイル)はどれだけお得?

    Y!mobile(ワイモバイル)の特徴は? Y!mobile(ワイモバイル)は、携帯会社大手のソフトバンクが提供するモバイル通信サービスです。 ソフトバンクの回線を利用したスマホや携帯電話を提供しており、ソフトバンクに比...


  • 楽天モバイルはどれだけお得?

    楽天モバイルの特徴は? ネットショップ最大手の楽天市場が提供するMVNOサービスが、楽天モバイルです。 回線にはNTTドコモのものを利用し、LTEと3Gによる安定で質の高いモバイル通信をリーズナブルな価格で提供しているの...


  • U-mobileはどれだけお得?

    U-mobileの特徴は? U-mobileは、NTTドコモの回線を使用したMVNOサービスです。 低料金で高速LTE通信が利用可能で、ドコモのスマホが使えるエリアであれば全国で使うことができます。 iPhoneを...